目的と事業

目的

本会は、民間の技術開発力及び地方公共団体等の水産業振興に対する意欲を結集して、つくり育てる漁業等の技術の開発・普及等を行うとともに、海外水産業関連協力の推進等によって海外水産業の健全な発展に資することにより、我が国水産業の発展と水産物の安定供給に寄与することを目的とします

事業

国内及び海外において次の事業を行います。

  1. つくり育てる漁業等についての技術開発及び普及
  2. つくり育てる漁業等を中心とする水産業振興のための調査研究
  3. プロジェクト創出等の海外水産業関連協力に関する調査研究、関係コンサルティング企業及び団体に対する指導及び助言並びに技術者の研修
  4. 前各号に関する情報の収集及び提供
  5. その他本会の目的を達成するために必要な事業

>事業のご紹介
>活動成果のご紹介

組織と運営

本会の事業活動は次の組織によって運営されます。

総会

すべての正会員をもって構成し、定款の変更、決算等の重要事項を決定します。

理事会

すべての理事をもって構成し、事業の計画・報告、収支予算、総会に付議すベき事項の他、会の運営に関する事項を決定します。

事務局

事務局機構図のとおり、技監・部長等の職員をもって事業実施及び会の日常業務にあたっています。